三ツ峠山・・山も暑いですよー(-。-;)

(2017//15)林道より174.png

a0158702_17250467.jpg
毎日暑いので涼しい山へ・・でも標高の高い山でも風がないと暑いですよー105.png
a0158702_17255288.jpg
木陰がホッとする季節です

a0158702_17270201.jpg
「クガイソウ」が咲き始めました178.png
a0158702_17273728.jpg
「オダマキ」は楚々とした立ち姿が美しい
a0158702_17283659.jpg
真ん中の薄茶色の土が見えるところが「木無山」

a0158702_17293024.jpg
♪あ~たまを雲の上にだ~し・・169.png

a0158702_17300860.jpg
今日も富士山頂には多くの登山者がいるはずです166.png

a0158702_17305391.jpg
「開運山」こちら三ツ峠山は・・今日は三連休初日なので山好きな人は北や南、中央のアルプスなど高い山に登っているのかも?・・登山者は少ないようです

a0158702_17312729.jpg
「御巣鷹山」と先の「木無山」「開運山」の三山の総称が山名(三ツ峠山)の由来とされています

a0158702_17331410.jpg
「ミズチドリ」は清々しい純白の白色

a0158702_17364350.jpg

「テガタチドリ」は緑の草の中に淡桃色の花をつけています

a0158702_17333539.jpg

a0158702_17334310.jpg
a0158702_17335055.jpg
三ツ峠山は高山植物の宝庫です・・ヤッホー!102.png


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-07-20 17:45 | 三ッ峠山 | Comments(2)

本社ヶ丸(1631m)花の命は短くて・・

(2017//8)ウチョウラン

a0158702_17490258.jpg
14年ぶりに本社ヶ丸(ほんじゃがまる)登山、山梨百名山を毎週のようにつぶしていた頃登ったようですがあまり記憶にありません。三ツ峠登山口から清八林道を歩きます。
a0158702_17493568.jpg
クモキリソウの群落が現れます
a0158702_17592459.jpg
ランの仲間です
a0158702_17594828.jpg
アサギマダラが飛び交いツクバネソウはそろそろ終わり・・シモツケが咲き始めました178.png
a0158702_17500421.jpg
空の色と一緒の富士山120.png
a0158702_17522740.jpg
林道終点で三ツ峠からの道と合流します
a0158702_17525214.jpg
ここから都留の方へも行けるようです山道を登って・・137.png「暑い!今日は汗が噴き出ます」105.png上り下りを繰り返し・・
a0158702_17531281.jpg
涼しげなコアジサイ
a0158702_17533233.jpg
清八山(1593m)
a0158702_17535893.jpg
相変わらず分かりにくい富士山です117.png
a0158702_17542092.jpg
岩場もあります
a0158702_17562491.jpg

113.png今日のヒット!・・岩に付けられたかわいいハシゴ段(これはちょっとしたことですが登山者にはありがたいことです)
a0158702_17564540.jpg
「あら?!オノエラン」白い花弁に目印のWの模様が・・木の根の段に咲いていました
a0158702_17571279.jpg
最後の岩場
a0158702_17573394.jpg
ここを上がれば・・
a0158702_17575233.jpg
本社ヶ丸山頂に着きました。電波塔の三ツ峠山と・・う~ん、雲の間に富士山もいらっしゃるんですけどね、夏はこんなものでしょう109.png

今日の目的は・・
a0158702_18002035.jpg
ウチョウランです。可愛すぎてこの場が離れられなくなりました110.png
a0158702_17581620.jpg
開花はもうちょっと・・
a0158702_17583874.jpg
このつぼみが開いたらきっと素敵な花束になりそうです。咲く花には短い命があります「咲いているかな?」「一つでも・・見れたらいいな」ドキドキ、ワクワクしながら今日も山に登りました174.png暑かったねー・・ヤッホー!

【本日の行程】

三ツ峠登山口8:00→清八林道終点8:50→清八山9:15→本社ヶ丸山頂10:15→三ツ峠登山口12:10着


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-07-11 18:16 | 山梨百名山 | Comments(2)

子抱富士・大室山・・樹海に浮かぶナゾの山

(2017//2)精進湖から富士山と手前が大室山

a0158702_17172015.jpg
精進湖から富士山の写真を撮ると必ずその手前にこんもりとした山が写ります。これが約3000年前に噴火した富士山の側火山のひとつ大室山です。ずっとこの山が気になっていて登りたいと思っていました。青木ヶ原樹海の南側に位置し登山道はないと言いますが・・登ってみました110.png
a0158702_17174994.jpg
R71沿いにある樹海への入口前で一人の外国人男性と会いました「大室山?私も行きます、初めて・・」というので一緒にと思いましたが登山道なく、それぞれのルートの読みが違いここから別々の道を歩くことに・・「気をつけて!」101.png
a0158702_17445182.jpg
樹海にはあちらこちらに穴があったり
a0158702_17454356.jpg
苔むしていて「まるで屋久島?」
a0158702_17540606.jpg
森の中でひっそりと咲く花
a0158702_17460389.jpg
30分くらい歩くと
a0158702_17462426.jpg
「本栖風穴」危険なため入道禁止になっています。ここから少し歩いてみましたが登山道が探せず撤退することに(登山道はないんですけどね)1時間のロスで振出しに戻りました「あの外人さんについていけばよかったのかな」142.png
a0158702_17464614.jpg
戻って、今度は外人さんが入って行った方向へ進みます。下見のつもりが・・
a0158702_17471814.jpg
「富士風穴」
a0158702_17473800.jpg
溶岩洞窟探検エコツアーかな?後で立ち寄ります
a0158702_17480361.jpg
大室山のブナ林・・
a0158702_17482609.jpg
富士山が噴火した時溶岩が流れ込まなかったので大きなブナの木がたくさんある場所です
a0158702_17485291.jpg
明るく広々としているので樹海の中にいることを忘れてしまいそうです109.png
a0158702_17493585.jpg
道なき道ではあるけれど誰かが付けてくれた赤いリボンや水色のリボンが大室山の山頂へ向かって案内してくれるようです166.png
a0158702_17495990.jpg
102.png「おっ!イチヤクソウ」しばし足を止め休憩します「キツイわー」直線で登っています。写真は撮れなかったけど野ウサギが走り抜けました、シカの鳴く声も聞こえます122.pngその時、上から下りてくる人が・・「おつかれさま~」あの外人さんでした。なんとかたどり着いたと話して手には缶ビールを持っていました(祝杯ね)「何も展望がなかったですよ、あと300mぐらいかな・・」「山頂から少し南へ行ったところに富士の展望台があるらしいんですが?」知らなかったようです。ご一緒できれば良かったのですが・・
a0158702_17502911.jpg
104.png着きましたー「大室山山頂?」(1468m)これでは本当に全く展望がないので
a0158702_17505982.jpg
少し下ってどんどん歩いて10分くらい
a0158702_17511901.jpg
三角点はこちらにありました(1447.5m)?いばらの道をかき分けて進むと・・
a0158702_17514193.jpg
146.png「おー!富士山見えた!」昨日から今日にかけて雨がけっこう降っていたので富士山は見えるかな?と期待していませんでしたが・・
a0158702_17521165.jpg
雪が少なくなりました

a0158702_18192730.jpg

ヤッホー!113.png
a0158702_17545870.jpg
草原に出てやっと山野草が咲いていました178.png




a0158702_17531607.jpg
帰りに立ち寄った富士風穴は中へは許可なく入れませんが数段下りてみると冷たい冷気がスーッときて「寒っ!」
a0158702_17552074.jpg
樹海と聞くと恐ろしい気がしますが富士風穴やブナ林までは道もきちんとしていて溶岩の流れた跡を見たり、富士山が作り上げた自然を味わうことができます。下見のつもりでしたが、いつか登ってみたいと思っていた気になる大室山「ヤッホー!できて良かったね」169.png


【本日の行程】

R71駐車9:00→本栖風穴9:30→R71駐車→富士風穴10:20→ブナの森10:30→大室山11:20→南側展望台11:30(休憩)11:45→大室山11:55→富士風穴12:35→R71駐車12:50


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-07-04 18:29 | Comments(4)

三ツ峠山・・ラン科の花たち

(2017//24)開運山山頂から174.png

a0158702_08341450.jpg
シンボルツリーのズミの花は終わり新緑となりました



a0158702_08390907.jpg
これは生き物のように見えますが何の花でしょう?・・


a0158702_08393900.jpg
「ササバギンラン・エビネチドリ」です。この季節いろんなランの花が咲いています



a0158702_08395988.jpg
こちらは・・?
a0158702_08401764.jpg
「カモメランのピンク&ホワイト」



a0158702_08403466.jpg
こちらもラン科
a0158702_08405323.jpg
ヒメムヨウラン・アオチドリ」



a0158702_08411227.jpg
貴重品


a0158702_08413226.jpg
「アツモリソウ・キバナノアツモリソウ」
a0158702_08355417.jpg
こちらは「これから・・ラン」まだこれからテガタチドリやミズチドリなども咲いてきます178.png
a0158702_08363219.jpg
富士山はもうすぐお山開きを迎えます(富士吉田口7/1)ちょっと雪が多そうですが?・・雪が残っているけれど登山道には問題ないそうですよ109.png
a0158702_08365722.jpg
今年は富士山・・行けないかな?眺めるだけになりそうです。今日の「初めまして!」は・・
a0158702_08371777.jpg
ヒメイズイかな?
a0158702_08375185.jpg
今年の「初めまして!」最後にやっと1本だけ咲いているのを見つけられたヤマオダマキです・・・ヤッホー!




[PR]
# by KY-yamayama | 2017-06-29 08:53 | 三ッ峠山 | Comments(4)

レンゲツツジ咲く乙女高原と大窪山

(2017//18)174.pngおとめの季節

a0158702_08595222.jpg
101.png「乙女高原」・・この素敵な名前に惹かれて若かりし頃に会社の仲間と一緒に訪れた乙女(おとめ)高原は中央線塩山駅で降りてバスに乗って行きましたが「♪田舎のバスはおんぼろ車~」・・でこぼこ道をガタ
ゴト揺られながら訪れた思い出があります。現在では道も舗装され難なく車で行けるようになりました。
a0158702_09002014.jpg
燃えるような朱色のレンゲツツジが鮮やかに咲いています
a0158702_09070678.jpg
ツボスミレかな?高原の乙女たちが咲いています178.png
a0158702_09072924.jpg
キンポウゲ・・花びらの数が普通(左)5枚ですが「1,2,3、・・10?」(右)多いものも
a0158702_09074963.jpg
「モミジイチゴ・サクラスミレ・アマドコロ」
a0158702_09081298.jpg
「アヤメ・アザミ・乙女バッタ168.png172.png」森林の中には
a0158702_09083399.jpg
「ギンリョウソウ・ギンラン」ぐるりと回って湿地帯へ行くと
a0158702_09084901.jpg
クリンソウのお花畑
a0158702_09091289.jpg
「サンリンソウ・なんやろ?」
a0158702_09005682.jpg
木々の間から富士山
a0158702_09012455.jpg
「シャクナゲの大窪山20分」の看板に誘われ大窪山へ行ってみます
a0158702_09014882.jpg
木々の間から金峰山が見えます
a0158702_09023414.jpg
アスカイノデというシダが茂る鬱蒼とした道を上ったり下ったり105.png
a0158702_09020748.jpg
大窪山山頂(1719m)は展望が悪く「シャクナゲの・・ってどこに?」シャクナゲの木さえ見当たりません「ちょっとがっかりね」ひと汗かいて運動にはなりました166.png
a0158702_09030379.jpg
175.png牧丘から富士山

♪みんなみんなどこへゆく 街に花咲く乙女たちよ「花咲く乙女たち♪」(乙女に反応して古っ?!笑)104.png
これからの季節は涼しい標高1700m・・179.png花咲く乙女高原へ行きましょう!




[PR]
# by KY-yamayama | 2017-06-22 09:32 | その他 | Comments(2)


 「ええ天気ですがな、後ろに白い白山が見えてますで~」「♪われは湖の子~さすらいの…」(琵琶湖周航の歌)(2017/5/2武奈ヶ岳山頂)     


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(169)
(148)
(50)
(37)
(32)
(29)
(29)
(28)
(26)
(21)
(20)
(15)
(12)
(9)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新のコメント

こんばんは! この日は..
by KY-yamayama at 22:17
お世話様です。 馴染み..
by ruolin0401 at 21:47
おはようございます! ..
by KY-yamayama at 08:32
お世話様です。 このあ..
by ruolin0401 at 22:32
おはようございます! ..
by KY-yamayama at 08:44
富士への散歩道です。 ..
by ruolin0401 at 22:07
こんばんは!いつもありが..
by KY-yamayama at 21:34
こんばんは。お世話様です..
by ruolin0401 at 20:25
いよいよ”夏の富士”本番..
by KY-yamayama at 17:30
当方ブログにコメントあり..
by ruolin0401 at 22:09

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧