櫛形山「ぎょっ!クマじゃねぇずらか?」(゚0゚)

(2017//20)「カモシカずら?」150.png

a0158702_16472167.jpg

先週も櫛形山を訪ねてみましたが池ノ茶屋林道はまだ冬季閉鎖ゲートが開いていなかったので諦めました。改めて今日は11年ぶりになる櫛形山です。まだブログを書き始める前なので初登山の気分です110.png
a0158702_16482105.jpg
池ノ茶屋林道から富士山174.png
a0158702_16485488.jpg
こちら側は北岳~間ノ岳~農鳥岳「お~!」
a0158702_16492590.jpg
林道終点の駐車場から出発です
a0158702_16495086.jpg
鹿避けネットを開けて入ります
a0158702_16575165.jpg
コミヤマカタバミはこれから開こうとしています
a0158702_16500978.jpg
ひとしきり登り終えると尾根に出て
a0158702_16504372.jpg
富士山
a0158702_16510198.jpg
高度を上げていくと後ろに悪沢岳・赤石岳・聖岳
a0158702_16512395.jpg
「いやー素晴らしいですね」
a0158702_16514303.jpg
上りで一汗かいた後、緩やかな道にホッとします
a0158702_16520239.jpg
櫛形山(2052m)山頂
a0158702_16582568.jpg
この山はブナ林などの霧のかかるような森林の樹上に着生するサルオガセが多い
a0158702_16584654.jpg
桜がやっと咲き始めました179.png
a0158702_16522588.jpg
ここを上がったところが
a0158702_16524699.jpg
裸山(標高2003m)です
a0158702_16590837.jpg
白根三山~アサヨ峰~甲斐駒
a0158702_16530846.jpg
対面には富士山が見え「日本で1位、2位、3位…の高い山が見える!」と登山者の皆さん大喜びです。皆さんよくご存知ですね、1位はもちろん富士山、2位は北岳、3位は間ノ岳…と盛り上がっています。104.pngこれよりアヤメ平へ向かいます
a0158702_16533342.jpg
アヤメ平はアヤメどころか花が全く見られません「この時期なので仕方なしですね」ここで少し腹ごしらえをして180.png
a0158702_16540354.jpg
4年前にできたという「櫛形山トレッキングコース」を歩き駐車場へ戻ります
a0158702_16542700.jpg
「なかなか静かな気持ちよい道だわー」と歩いて前方に目をやったら・・・168.png150.png
a0158702_16544904.jpg
「あ!カモシカだ!」(クマじゃねぇだけ?)登山道のど真ん中にいるカモシカでした「こんにちはー」102.png
a0158702_16551170.jpg
これまで何度もカモシカに会っていますが「こんにちは!いたね!」など優しく声をかけると逃げずに立ち止まってジッと様子を窺うようです(大きな声を出してはいけませんですよ)109.png
a0158702_16560814.jpg
後ろを振り返りながらカモシカは谷に向かって走り去りました107.png
a0158702_17004942.jpg
a0158702_16563939.jpg
もみじ沢
a0158702_17011407.jpg
a0158702_17013872.jpg
a0158702_17020246.jpg
「ハナネコノメソウ、ニリンソウ、アズマイチゲ」などやっと春の花が咲き始めたようです178.png
a0158702_16570496.jpg
北岳展望デッキからの景色です
a0158702_17024414.jpg
「コミヤマカタバミ」がきれいなピンクのお花畑を作っています179.png
a0158702_17031029.jpg
白いカタバミも開いてきました174.png

101.pngアヤメ咲く櫛形山は良く知られていて多くの登山者で賑わいますが林道が開いたばかりのこの季節は人も少なく木々の間から透けて雪を抱いた南アルプスなどの山が見えなかなか楽しい山旅ができました。「クマじゃなくて良かったよね」…ヤッホー!

【本日の行程】

林道終点駐車場8:40→櫛形山山頂9:25→裸山10:00→アヤメ平10:30(休憩)10:50→櫛形山トレッキングコース→裸山のコル11:45→もみじ沢12:10→北岳展望デッキ13:00→駐車場13:30着


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-05-24 17:23 | 山梨百名山 | Comments(2)

三ツ峠山「おはよう!カモシカさん」

(2017//7)林道より174.png

a0158702_16360889.jpg
2か月ぶりに三ツ峠・・「!!!」150.png
a0158702_16364341.jpg
「あら、おはよう!」朝一番の登山者はカモシカさんです。以前もこの辺りでカモシカを見かけました113.png
a0158702_16371532.jpg
朝の食事中のようです104.png
a0158702_16373999.jpg
毎年ここに…
a0158702_16414244.jpg
「ツルシロカネソウ」
a0158702_16375983.jpg
前回から2か月も経っているので雪はすっかりなくなりましたがまだ木々の芽吹きが遅いようです
a0158702_16382395.jpg
ここからは雲が邪魔していますがだんだん…
a0158702_16384284.jpg
山頂部だけ見えてきた
a0158702_16390148.jpg
雲の流れで一進一退
a0158702_16392542.jpg
う~ん、雲があるのもオツナモノ109.png
a0158702_16401173.jpg
「帰りマース」?
178.png
a0158702_16421671.jpg
178.png
a0158702_16423793.jpg
178.png
a0158702_16425904.jpg
やっぱり平地を歩くのと山を歩くのでは足の筋肉の動いている部分が違います。いい運動になりました…ヤッホー!


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-05-19 16:49 | 三ッ峠山 | Comments(2)

花の三山を歩く③琵琶湖を見下ろす武奈ヶ岳

(2017//2)武奈ヶ岳山頂より琵琶湖を望む174.png

a0158702_08560415.jpg
武奈ヶ岳は比良山系の最高峰で花の百名山にも挙げられて「キタヤマブシ」(トリカブト)が代表花となっていますがこの季節ではとうてい見ることはできません。何かしら春の花が咲いていることに期待します178.png今回は坊村コースを日帰り登山です101.png
a0158702_08563061.jpg
坊村にある葛川市民センターに駐車して…明王院を通り抜け
a0158702_08565275.jpg
ここから杉木立の中の急登が始まります。1時間くらい頑張って105.png
a0158702_08571579.jpg
やっと明るい尾根道に入りました
a0158702_08510268.jpg
スミレっ子たちが可愛い107.png
a0158702_08573542.jpg
残雪期はこのまま上っていくようですが右へ無雪期ルートを選びました
a0158702_09060624.jpg
道が細く右下が斜度のある崖になっているので積雪時には滑り落ちて危険かもしれません
a0158702_08513482.jpg
山側に一面イワカガミが群生しています
a0158702_08580063.jpg
右斜面を上がっていきます
a0158702_08551728.jpg
「ミヤマカタバミ・エンレイソウ」急登を上り詰めて尾根伝いに歩くと御殿山山頂
a0158702_08582819.jpg
146.pngここでやっと武奈ヶ岳らしき山が目に入ります。御殿山を下り
a0158702_08585780.jpg
ワサビ峠
a0158702_08592193.jpg
ガレ場の急登
a0158702_08520143.jpg
道沿いに咲く「イワナシ・ショウジョウバカマ」
a0158702_08595786.jpg
楽しい縦走169.png
a0158702_09002087.jpg
ハート型の残雪162.png見えるかな?
a0158702_09004738.jpg
やっと急登が終わりました119.png
a0158702_09013500.jpg
岩場
a0158702_09020275.jpg
「着いたよー」武奈ヶ岳山頂(1214m)360度の展望
a0158702_09023076.jpg
琵琶湖
a0158702_09025706.jpg
「白山」御嶽山も見えます
a0158702_08541192.jpg
一昨日、昨日と登った山「伊吹山・藤原岳」が見えました。トレイルランの人たちも続々と山頂に到着です。」「武奈ヶ岳、いい山ですねー」109.pngのんびり、ゆっくりランチして…「さーて」・・
a0158702_09035824.jpg
「帰りマース!」
a0158702_08524689.png
帰りは膝が痛くなり、最後の杉林の下りは足がフラフラになりました。何しろ3日連続登山ですから「疲れたー…」148.png
a0158702_09042986.jpg
翌日、あと一山!を止めて…113.png彦根城で「ひこにゃん」に会ってから帰りました…ヤッホー!

【本日の行程】

坊村(葛川市民センター駐車場)8:10→御殿山コース登山口8:25→無雪期ルート9:35→御殿山10:30→ワサビ峠10:35→武奈ヶ岳山頂11:10(休憩)11:45下山開始→御殿山12:30→登山口14:10→市民センター駐車場14:20着


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-05-16 09:30 | 花の百名山 | Comments(2)

花の三山を歩く②藤原岳に咲くミノコバイモ

(2017//1)ミノコバイモ(美濃小貝母)

a0158702_08424832.jpg
今年は「越のコバイモ、甲斐コバイモ」を見て歩き、もう一つ「美濃のコバイモ」を見たくなり三重県までやってきました。花の百名山として知られる藤原岳では他にもいろいろな春の花が咲いているようで楽しみです178.png
a0158702_08442979.jpg
聖宝寺裏登山道を出発して
a0158702_08450282.jpg
長命水からいよいよ登山道が始まります
a0158702_08462147.jpg
5合目までは杉林の中をただひたすら上り詰めていきます105.png
a0158702_09020646.jpg
お花も顔を出しはじめ101.png
a0158702_08481536.jpg
「6合目からはなだらかになるという話だったんですけどねぇ」148.png
a0158702_08490407.jpg
…石灰岩が露出した歩きにくい登りが始まります137.png
a0158702_08495142.jpg
カタクリ
a0158702_08501920.jpg
8合目からはお花ロードが始まります
a0158702_09024201.jpg
a0158702_09030583.jpg
a0158702_08504924.jpg
113.png「いたよー」ミノコバイモ
a0158702_08512194.jpg
ひとしきり花畑が終わると緩やかに上り9合目
a0158702_08534340.jpg
この後もジグザグ上る急登です119.png
a0158702_08545066.jpg
フクジュソウの軍団が現れてきました
a0158702_09052333.jpg
藤原岳はフクジュソウの山として知られていてこれを見に登る人が多いそうです。3月上旬に6合目から咲き始め今は9合目のこの辺りに咲いています。
a0158702_08552323.jpg
まもなく藤原山荘ですがこの辺りにも
a0158702_08555794.jpg
ミノコバイモが数輪咲いています
a0158702_08564107.jpg
176.pngそしてとうとう雨が降ってきたので避難小屋で雨宿りします。小屋の中にはたくさんの登山者がいて「こちらへどうぞ」と招き入れてくれ、席を譲ったり、登山者同士の思いやりを感じました。「おー!晴れてきた」の声に窓の外を見ると雨は止んだようです175.png
a0158702_08572010.jpg
「さあ、行きましょう」再び山頂?(展望の丘)へ向かいます
a0158702_09055775.jpg
「ここにもたくさん!」110.png
a0158702_08575296.jpg
実はさっき小屋の中で男性が「山頂と言われるところは”展望丘”であって山の高さは天狗岩の方が高い」と話していました。そこで天気も良くなってきたので山荘へ戻ったら往復1時間ぐらいかかりますが“天狗岩”まで行ってみることにしました。
a0158702_09062520.jpg
174.png「ヒロハノアマナ」も太陽と共に開いてきて
a0158702_08582267.jpg
このような山上台地の石灰岩の露頭の景観が広く見られる原野をドイツ語でカレンフェルト(Karrenfeld)と言うそうです
a0158702_08585259.jpg
天狗岩まであと少しです
a0158702_08595033.jpg
天狗岩から展望丘を見るとやはりこちらより低いように見えます。ここでご飯を食べて一緒になった男性と山談義をしてゆっくりしました104.png
a0158702_09065107.jpg
帰りマース!花をウオッチングしながら・・・169.png
a0158702_09071525.jpg
期待以上にたくさんのミノコバイモの姿を見ることが出来て藤原岳は最高にハッピーな花の名山でした。明日は滋賀県の「武奈ヶ岳」に登ります・・・166.png

【本日の行程】

聖宝寺7:45→裏登山道二合目8:25→三合目8:40→四合目8:47←五合目8:53→六合目9:08→七合目9:20→八合目9:40→九合目10:00→藤原山荘10:25(休憩)10:40→展望丘11:00→藤原山荘11:40→天狗岩12:05→藤原山荘13:00→八合目表登山道13:45→聖宝寺15:00


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-05-12 09:26 | 花の百名山 | Comments(0)

花の山三山を歩く①伊吹山…お手軽9合目から山頂へ

(2017//30)伊吹山のショウジョウバカマ101.png

a0158702_16054271.jpg
今回は連休を利用して「花の名山100」と言われる近畿,東海の山「伊吹山・藤原岳・武奈ヶ岳」へ登ります。
a0158702_16060950.jpg
最初は日本百名山としても知られる伊吹山へ立ち寄ります。前回登ったのはちょうど12年前です。その時ももちろん“伊吹山ドライブウェイ”はありましたが伊吹山スキー場からの登山でした。今回は…この後、三重県まで行くのでお手軽コースでドライブウェイを車で一気に9合目まで上がってしまいます。105.png
a0158702_16063696.jpg
駐車場から階段状の道を上がっていきます
a0158702_16083431.jpg
道の両脇には「キバナノアマナやショウジョウバカマ」が顔を出しています「雪が解けたばかりのようですね」168.png
a0158702_16070385.jpg
20分くらいで山頂に着きますが…あっという間に着いてしまい、何か物足りません106.pngぐるりと山頂遊歩道を歩きます169.png
a0158702_16073120.jpg
雪が残っていて子供たちは滑ったり雪の上で遊んで大はしゃぎです174.png
a0158702_16090339.jpg
アマナも開き始めました178.png
a0158702_16075484.jpg
雪渓歩き?を楽しみます。2時間ほど散策して「東登山道」を駐車場へ下山しました
a0158702_16092818.jpg
「スミレ・ヤマエンゴサク」
a0158702_16094839.jpg
「キケマン・ムラサキ」
a0158702_16101434.jpg
「アカ
ヒダボタン・ヤマルリソウ」

179.png初夏から秋にかけては色とりどりのお花畑が見られる伊吹山ですがまだ雪解け直後で花が少なく残念でした。明日は三重県の藤原岳へ登ります・・・166.png


[PR]
# by KY-yamayama | 2017-05-09 16:26 | 花の百名山 | Comments(4)


 「ええ天気ですがな、後ろに白い白山が見えてますで~」「♪われは湖の子~さすらいの…」(琵琶湖周航の歌)(2017/5/2武奈ヶ岳山頂)     


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(162)
(142)
(50)
(37)
(32)
(29)
(29)
(28)
(26)
(21)
(20)
(15)
(12)
(9)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

最新のコメント

実は先週、下見の形になっ..
by KY-yamayama at 20:38
こんばんは! 前回登っ..
by KY-yamayama at 20:26
お世話様です。 ここは..
by ruolin0401 at 18:54
こんにちは。 GW明け..
by ruolin0401 at 18:46
こんばんは! いやー…..
by KY-yamayama at 21:25
3日連続の登山ですから疲..
by ruolin0401 at 16:43
いえいえ、さすが!富士山..
by KY-yamayama at 21:11
富士への散歩道です 当..
by ruolin0401 at 18:44
こんにちは! 名神を走..
by KY-yamayama at 16:56
お世話様です。 拝見さ..
by ruolin0401 at 22:53

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧