小笠原諸島の旅②ハートロックツアー

(2019/3/1)ハートロックの上に立つ162.png

a0158702_16030711.jpg
海側から見るとハートの形に見える「ハートロック」の頂を目指します。今日のツアー参加者はシニア4人に大学生の男の子が一人「よろしく~」ツアーガイドさんはダジャレ連発の○ガちゃんです
a0158702_16285957.jpg
これより森林生態系保護地域の中に入っていくので体の種子などを除去して靴の裏の種なども落とします。入山者をカウントする白い石を1個「ちひろ岩」(ハートロック)の缶の中に入れて森の中へ入っていきます。さっそく小笠原固有種
a0158702_16040600.jpg
「マルハチ」(茎の表面にある模様が漢字の八を逆さにしたように見える)
a0158702_16043942.jpg
歩き始めて50分くらいで「わらび谷」
a0158702_16051843.jpg
「え?もうワラビが・・!」そして谷向こうの崖に目をやると150.png
a0158702_16054384.jpg
野ヤギが急な崖を下って行きます。しかも列をなして「まるでブレーメンの音楽隊のよう・・」私たちは物珍しさに写真を撮ってヤギが見られたことに喜んでいる観光客だけれどガイドさんたちにとっては心境複雑なことでしょう。このヤギは外来種で植物を食べ尽くし地表を荒らす森の問題児なのです120.pngちょっと休憩後また森に入り
a0158702_16074408.jpg
固有種「ムニンシラガゴケ」触るとモフモフしている
a0158702_16081501.jpg
こちらも森の生態系を壊す一因の「グリーンアノール」117.png

ツアーガイドさんは先頭から後ろの隊列へ大きな声で「○○さーん!・・にお聞きしたいことがあるのですが・・雑談ですが・・好きな食べ物は何ですか?」と順番に好きな食べ物、趣味を聞いてくる。たぶんこれは聞いた人の返事の仕方などでどれくらいの疲れかなどを読み取っているのかなとも思えた109.png上手にダジャレを挟みながら年齢差のある今日の参加者への配慮も怠らない(なかなかやるね)

a0158702_16293681.jpg
戦時中日本軍が使用していたトラックやコンクリートの通信塔などがそのまま放置されて残っている軍用道を歩いて・・


登山口から2時間くらいで森を抜けると・・「海が見えた~!」114.png

a0158702_16114374.jpg
a0158702_16121009.jpg
目の前に海のパノラマ、昨日上陸した南島が見える
a0158702_16123773.jpg
これから急な山道(ロープあり)を少し下って乾性低木林を下って行く
a0158702_16300040.jpg
「シマウツボ・タコの木の実・テリハハマボウ」どれも小笠原の固有種を3つ見ることができました101.png
a0158702_16131972.jpg
人が立っていいるところが目的地のハートロックの上です
a0158702_16134802.jpg
先が見えてきて若者は元気ですねぇ166.png
a0158702_16141767.jpg
吸い込まれそうな断崖の上から海の色と赤茶けた土の色のコントラストが美しい
a0158702_16144947.jpg
赤い地層の台地は異次元の世界のよう
a0158702_16154410.jpg
これは昨日の海から見たハートロック・・「ココ」に立っています
a0158702_16161262.jpg
良い天気に恵まれ美しい風景が広がります
a0158702_16163759.jpg
一番奥に南島、ここでランチタイムです169.png用意してきたおにぎりを食べ180.png
a0158702_16171292.jpg
ガイドさんに頂いたオガサワラオオコウモリクッキーと景色を十分堪能した後は「帰りまーす!」


帰りもダジャレ付で・・森の中へ入りガイドさんの足とお話が止まって・・指さす方を見ると146.png

a0158702_16181351.jpg
アカガシラカラスバト!」2羽いるけれど”つがい”でしょうか?
a0158702_16193730.jpg
希にしか見られなくなったという通称“あかぽっぽ”はきれいな色で「幸せの青い鳥のよう」162.png
a0158702_16201077.jpg
「はじめまして!」110.png
a0158702_16203093.jpg
まん丸な目も可愛い・・天然記念物のアカガシラカラスバトに出会えてこれはラッキーでした。ちょっと警戒するような仕草も見られたようですが3分くらい逃げないで
a0158702_16210340.jpg
木から下りてこちらへ歩いてきました。これは感動!113.png


a0158702_16221879.jpg
この後ガジュマルの森で少し遊んでかえります♪往復6時間(休憩含む)楽しい時間を過ごせました

「○○さーん!・・にお聞きしたいことがあるのですが・・雑談ですが・これまで旅して良かった場所はどこですかぁ?」きっと今日も小笠原の森の中で○ガちゃんの質問とダジャレが連発していることでしょう。

やっぱり山はいいなー・・ヤッホー!


よもやま話】

おがさわら丸が竹芝へ向けて出航するとき名物のお見送りセレモニーが始まります

a0158702_16244476.jpg
港では太鼓の演奏が始まり船が海に出るとボートが何隻も追いかけてきて
a0158702_16251319.jpg
「また来てね!」と手を振ってくれる。圧巻は
a0158702_16253578.jpg
ボートから海へダイブして
a0158702_16255806.jpg
海の中からお見送り・・島民のパワーがすごかった感動のラストシーンでした103.png


# by KY-yamayama | 2019-03-13 16:57 | その他 | Comments(6)

小笠原諸島の旅①海の一日コース編

南島・扇池(2/28

a0158702_08545295.jpg

2019/2/26)東京都ではあるけれど竹芝桟橋から1000キロ離れた小笠原諸島へは空路がなく24時間船に乗る・・最短6日間が必要なのでなかなか行けず・・今回、念願かなってやっと小笠原へ旅することができました。おがさわら丸は午前11時竹芝桟橋を出航です

a0158702_08552117.jpg
船の中のレストランでランチを食べたりベッド前のテレビ(BSは殆ど入る)を見たり、読書したりしながらのんびりと過ごします。たまには甲板に出て
a0158702_08554427.jpg
夕日が沈みます。船は想像していたより揺れます(酔い止めを飲んでいて良かった)


2019/2/27

a0158702_08565579.jpg
早起きして甲板で太陽がひょっこりと顔を出す朝日を見よう!174.png
a0158702_08582655.jpg
鳥の歓迎を受け
a0158702_08575252.jpg
「島が見えたよー」いよいよ父島が近づいてきました
a0158702_08590576.jpg
父島上陸!島の各宿のスタッフが出迎えに来てくれています165.png
a0158702_08584879.jpg
船は私たちが帰る日まで停泊しています
a0158702_08592909.jpg
早速「宮之浜」へ行って・・
a0158702_08594605.jpg
スノーケルをしました。魚はたくさんいて「ギョッ!」黒いナマコがいて「!?」(ジッとしているが)122.png海の中にいると寒くないけれど陸へ上がったときが寒い!少し楽しんで宿へ戻りました



2019/2/28)今日は海の一日コースツアーに参加です

a0158702_09002040.jpg
港を出てすぐにハシナガイルカが「いる、いる!」100頭はいそうという話・・
a0158702_09012361.jpg
a0158702_09014670.jpg
102.png可愛いイルカたちのウオッチングタイムの後は南島へ向かいます
a0158702_09021060.jpg
ハートロックという赤い岩肌が見えてきました。明日は「山のツアー」でこのハートの上に立ちます109.png
a0158702_09022897.jpg
船はザブーン、ザブーンと荒波を乗り越え南島へ上陸できそうです(できないこともある)146.png

【南島のこと】

父島から1キロの沖合に浮かぶ南島はこの島でしか見られない植物や地質を守るため入島人数を1100人限定などのルールが決められている無人島です。

a0158702_09030529.jpg
海の中へ足を踏み外さないよう気をつけて南島へ上陸です169.png
a0158702_09033538.jpg
「グンバイヒルガオ」の花がお出迎えです178.png
a0158702_09041307.jpg
扇池が見えてきました
a0158702_09043144.jpg
a0158702_09045636.jpg
ヒロベソカタマイマイの半化石
a0158702_09053812.jpg
「扇池
a0158702_09063305.jpg
尾根の丘に登って
上から扇池と陰陽池


1時間ぐらいの滞在で南島を後にしてホエールウォッチングに出かけます

a0158702_09070574.jpg
クジラ発見!
a0158702_09072977.jpg
さっそくザトウクジラがブロウ(潮吹き)
a0158702_09074703.jpg
ブリーチング(空中で高くジャンプして背中から落ちる)
a0158702_09080617.jpg
なかなか派手なアクションで私たちを楽しませてくれました114.png


a0158702_09083775.jpg
この後は兄島海域公園でスノーケリング
a0158702_09085969.jpg
色とりどりの魚が見られました113.png
a0158702_09093036.jpg
そして「イルカと泳ごう」でしたが・・高みの見物でした(笑)104.png

なかなか見どころ満載の1日海のコースはイルカに会えたり海の勇者ザトウクジラを追いかけて小笠原らしさを満喫できました。明日は「山」の一日コースに参加します。海から見えたハートロックの上はどうなっているのか?・・楽しみやねー!


# by KY-yamayama | 2019-03-09 09:18 | その他 | Comments(4)

春の訪れセツブンソウとミスミソウ(2019)

(2019//18)可憐なセツブンソウ

a0158702_20481075.jpg
今年は雪も少なく暖かな日が続いています。セツブンソウ咲く場所に近づくと東京ナンバーの中型バスが停まっていて「セツブンソウのお花見ツアーかしらん?」・・ズバリ!的中でした。皆さん胸にバスツアーの印を付けてセツブンソウのお花見中でした。
a0158702_20484699.jpg
「かわいいですね」107.png
a0158702_20490849.jpg
「上の方まで咲いていますよ」と楽しまれていました。「お花はここだけですか?」と聞くと「このあとお食事が付いていて・・帰ります」と言われました。セツブンソウはちょうど見頃だったかもしれませんね109.png
a0158702_20493372.jpg

私たちはこの後、ミスミソウの様子を見に行きます101.png

a0158702_20500173.jpg
まだまだ・・と思っていたけれど・・・
a0158702_20501863.jpg
いくつかのつぼみが見られました
a0158702_20505932.jpg
もう少しだね169.png
a0158702_20503728.jpg
うぶ毛も可愛いミスミソウが咲きそろうのはあと2週間くらいかかるかな?

今年もいよいよお花の季節がやってきました。楽しみやねー・・ヤッホー!


# by KY-yamayama | 2019-02-19 20:57 | Comments(2)

三ツ峠山!富士山・・あら!農鳥?

2019/2/12)林道より174.png

a0158702_20525313.jpg
あら?富士山に農鳥が見えますが・・150.png
a0158702_20531225.jpg
114.png「農鳥がでるなんて、早くない?」やはり今年は雪が少ないということでしょうか?


登山口には雪がないのでアイゼンを忘れるくらいでした。でも・・「ちょっと気になる」忘れたアイゼンを車まで取りに戻ります(アイゼンはお守りなので)109.png
a0158702_20534912.jpg
やはり雪が残り凍っています。足下ツルツルに気を遣いながら歩くよりも軽アイゼンを付けました
a0158702_20540606.jpg
ウサギかな?104.png
a0158702_20542160.jpg
シモバシラ169.png
a0158702_20543712.jpg
誰にも会わずここまで来ました(平日なので)102.png
a0158702_20545989.jpg
階段のおかげで楽に上れるが足運びはキツい!?119.png
a0158702_20551897.jpg
山頂もまったく雪無し
a0158702_20560699.jpg
今日は北アルプスも見え
a0158702_20564893.jpg
南アルプス
a0158702_20570523.jpg
八ヶ岳
a0158702_20572132.jpg
奥秩父山系・乾徳山~金峰山
a0158702_20573830.jpg
でもなんたって!「富士山」113.png
a0158702_20553562.jpg
農鳥が出るのはちょっと早すぎやしませんか?
a0158702_20582832.jpg
今年は雪が少ない三ツ峠山から・・ヤッホー!


# by KY-yamayama | 2019-02-16 21:03 | 三ッ峠山 | Comments(2)

飯盛山・・お得フェアの「飯」を食べよう!?

2019/1/16)清里駅の前から見える飯盛山

a0158702_08393587.jpg
さあ!今年も八ヶ岳エリアで「寒いほどお得フェア」の季節がやってきました。今朝の気温が気になるところですが・・その前に飯盛山へ行ってお腹を空かせてからということにしましょう!
a0158702_08400430.jpg
ところが雪が降ってきてこの辺りだけ天気が悪い119.png
a0158702_08540679.jpg
a0158702_08405235.jpg
おかげで霧氷が見られました!101.png

a0158702_08413685.jpg
次第に雪雲も去って行き富士山が見えるようになってきました
a0158702_08415888.jpg
飯盛山
a0158702_08421782.jpg
山頂(1643m)から富士山

a0158702_08423946.jpg
雪が少ないとちょっとさみしい今日の飯盛山です
a0158702_08460403.png
104.pngヤッホー!



【寒いほどお得フェア2019

a0158702_08432580.jpg
「さ~て今朝10時の気温はどうかな?」温度計の針は「-21℃・・30OFF!」を指しています113.png今日は暖かいようだったので10%かな?と予想していたのでこれはラッキーです169.png
a0158702_08452146.jpg
今日は事前に決めていた清里駅前「しらゆり」の和風ハンバーグ定食にしました。通常1300円が30OFF の910円(税込)で食べられました。敷きつめた野菜の上に大きめのハンバーグそこにカリッと素揚げしたナスやサツマイモが盛り付けられていてヘルシーでボリューム満点でお腹がいっぱい&お得感がいっぱいです。

割引率:-50℃以下=50OFF       -0℃~-4.9℃=30OFF

        +50℃~+0.110OFF    +51℃以上=割引なし

最終日(2/17)は気温に関係なく50OFF になるようです。飯盛山が白い飯(雪がもっと積もったとき)になったらもう一度行ってみたいかなぁ111.png

       


# by KY-yamayama | 2019-01-20 08:56 | スノーシュー・冬山 | Comments(0)


 「今年はイノシシの年ですたい!今年もよろしくお願いしま~す!」「え~?!山でイノシシには会いたくないよねー」1/5三ツ峠山


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(197)
(184)
(58)
(39)
(37)
(31)
(30)
(29)
(29)
(21)
(20)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

最新のコメント

miho-berlinさ..
by KY-yamayama at 20:15
海に山に、自然を堪能した..
by miho-berlin at 04:50
富士への散歩道さん、おは..
by KY-yamayama at 10:26
そらいろのパレットさん、..
by KY-yamayama at 10:10
こんばんは ハートロッ..
by ruolin0401 at 22:42
ハートロックへのハイキン..
by pallet-sorairo at 18:33
「富士への散歩道さん」お..
by KY-yamayama at 09:49
お世話様です 山男、海..
by ruolin0401 at 09:05
「そらいろのパレット」さ..
by KY-yamayama at 15:57
いま行きたいところ、小笠..
by pallet-sorairo at 19:29

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧