北アルプス「燕岳」へ!カヤクグリ(鳥)の水浴び・・

梅雨に入る前に「山」へ!・・・
よし、「燕岳」(つばくろだけ)標高2763mに行こう!
・・K&Yの初めての山小屋泊で何もかもが感動!の山旅でした。
そのヤッホーブログは(こちら)そして2007/7に二度目の登山・・・で、今回は燕岳登山、三回目となります。
(2010/6/12 )
a0158702_16363864.jpg
 7:25 中房温泉口にある登山口から出発です 
a0158702_16372533.jpg
第一ベンチ・・・ちゃんとベンチがあるのです
a0158702_163759.jpg
第二ベンチ・・・およそ30分歩くごとに・・ 
a0158702_16374164.jpg
 第三ベンチ・・・「ここで一休みするんだよ 」と言うように・・
a0158702_1637594.jpg
 富士見ベンチ・・・ 合戦尾根は北アルプスの三大急登のひとつで
登れよ!登れ!です。少し残雪も出てきましたが・・・
a0158702_1638186.jpg
10:00 合戦小屋に到着です!
a0158702_16384677.jpg
 (合戦小屋の由来が書いてあります)
おにぎりを1個食べて小休止しました。
a0158702_1639555.jpg
ここを過ぎると展望も良くなり傾斜も緩やかになります。表銀座と言われる稜線の向こうに「槍ケ岳]が見えてきました(槍ー!また来たぜい!)
a0158702_16393079.jpg
 雪はだんだん多くなりますがちゃんと道がついていて歩きやすい
(夏道とはコースが違います)・・・
a0158702_16395045.jpg
 遠く「燕山荘」が見えています(お久しぶりー・・☆)
「わあーきれい・・」と写真をパチパチ撮っていたら前を行くKさんに遅れをとってしましました・・・が・・・これが良かった!
a0158702_16402513.jpg
「こんにちわー」 Yの目の前・・雪解けの水溜りに鳥がやってきました!
a0158702_1640528.jpg
お水を飲みに来たんだね・・
a0158702_16412526.jpg
羽をバタバタ・・水浴びを始めました。シャッター・・チャンス!!

「おーい!Kさーん!すごい写真が撮れたよー・・」いない・・
すでに稜線上にKさんの姿はなく、この「特ダネ」を早く話したくて必死でキツイ急登を頑張ったのですよ!?「おーい!・・おーい!」
・・(調査の結果・・この鳥はイワヒバリ科の「カヤクグリ」のようです)
a0158702_1724401.jpg
11:15 燕山荘前でKさんと合流「やっぱり燕岳はすごか~!!」
←(九州の方なのですかあ・・?!)
a0158702_16415441.jpg
燕岳山頂まで30分くらい・・途中には花崗岩が侵食された奇岩が・・
a0158702_16422849.jpg
眼鏡岩によじ登ったKさん・・
「Yさんも奇岩に立ってポーズ!」・・と言われても・・
a0158702_1643478.jpg
「よっこらしょっと・・おっと槍ヶ岳さん、ごめんなさいよ」
この後は中腰ポーズとなってしまった?!(おお・・こわっ!)
a0158702_16432483.jpg
ここが燕岳山頂・・
a0158702_16434340.jpg
表銀座コースの稜線が見える・・(赤い屋根の燕山荘)・・
そして大天井(おてんしょう)から常念岳まで・・
a0158702_16441048.jpg
手前「北燕岳」と後立山方面(白馬方面)
360度ぐるり北アルプスのヤマヤマが見放題です!
3度目の正直で・・今回が最高の眺望の良さ・・サイコー!

山頂で会った2人連れの若者がつぶやいた・・「ああー!帰りたくねー」
Kさん「同感!帰りたくねー」現実の世界に戻りたくない思いは若者も中高年も一緒のようです(笑)日常を離れたこの絶景を見歩く・・山歩きはやっぱりクセになりそう・・

13:25 下山を開始して・・
15:35 中房温泉登山口に到着です!  もちろん・・・
「ああー!帰りたくねー」の若者も一緒に帰ってきました・・同着!です
a0158702_16443952.jpg
それでは快晴の燕岳からヤッホー!!
[PR]
by KY-yamayama | 2010-06-18 18:16 | 日本三百名山 | Comments(2)
Commented by miho-berlin at 2010-06-26 01:10
鳥ちゃんに会えてよかったね!!
結構ふっくらしてますな(笑)

こんなに雪があるとはびっくり。
雪道大変だけど、雪がある景色もやっぱりいいね。

Kさんの身軽さとYさんのどっこいしょコンビが微笑ましいわ~^^v
Commented by KY-yamayama at 2010-06-26 09:04
”カヤクグリ”ちゃん、よく来てくれたね・・ってドキドキしました!でもこの日天気が良すぎて”ライチョウ”さんの姿を見ることが出来ませんでした(残念!)燕山荘の前にはツガイの雷鳥がいるそうですが・・この日は出て来れないほど良い天気でした(天敵に会わないよう)

山の景色を眺めるのは"雪”が残っていたほうが美しいですね!


 「山男、山女の皆さん大にぎわいやったね、群馬からやて!」「帰りは温泉らしかよ、山の後は風呂!最高やね」12/1三ツ峠山・開運山


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(197)
(179)
(56)
(38)
(37)
(30)
(30)
(29)
(29)
(21)
(20)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新のコメント

遅い時間にコメントを頂き..
by KY-yamayama at 16:10
楽しく旅行記読ませてもら..
by miho-berlin at 03:46
こちらこそ、すっかりご無..
by KY-yamayama at 20:35
ご無沙汰してます お元..
by ruolin0401 at 18:41
こんにちは。 このお盆..
by KY-yamayama at 16:57
こんにちは 夏の山行は..
by ruolin0401 at 16:32
おはようございます、コメ..
by KY-yamayama at 06:29
今晩は 大月市選定の富..
by ruolin0401 at 21:31
こんにちは! コメント..
by KY-yamayama at 16:48
こんにちは お元気で山..
by ruolin0401 at 10:21

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧