南アルプス・地蔵ヶ岳(2764m)ドンドコ沢を日帰り登山(*^_^*)

(2015/8/22)ドンドコ沢上流からオベリスク058.gif
a0158702_9513550.jpg
甲府盆地から地蔵ヶ岳直下、白砂の“賽の河原”と尖ったオベリスクを眺める度に…7年前に急登のドンドコ沢を登り地蔵ヶ岳、観音岳、薬師岳を巡り中道を下山した(CT11時間半)鳳凰三山の日帰り山旅を思い出します。「あの地蔵ヶ岳のオベリスクに登ってみたかった」というKさんの思いもあり地蔵ヶ岳だけでももう一度…ドンドコ沢の急峻な登山道のことなどすっかり忘れて・・・025.gif
a0158702_959343.jpg
7:05出発です。標高差は1600mを越えます(ちょっと出発が遅くなったかな)035.gif
a0158702_1051982.jpg
ドンドコ沢砂防ダムを通り・・・「シナノナデシコ」がたくさんさいています
a0158702_9522093.jpg
このあとの樹林帯の九十九折れは急傾斜です008.gif
a0158702_9523525.jpg
これから何度か川を渡渉します
a0158702_9525341.jpg
登山道の脇、ここにだけ「レンゲショウマ」が咲いていました029.gif
a0158702_9531116.jpg
8:40南精進ヶ滝を見に、若い人たちと一緒に…ちょっとした岩場を上がると滝が見えます001.gif
a0158702_9595934.jpg
岩の上にパッと目を引くこの一輪は「う~ん…「タカネビランジ」?右のは「シロバナミヤマモジズリ」038.gif
a0158702_9532693.jpg
再び登山道へ戻ります。
a0158702_1013830.jpg
ここにも…やっぱり、タカネビランジですね
a0158702_9534025.jpg
9:25鳳凰の滝…ここで滝を見に行った仲間を待っている人が「もう30分も待っています」と言うので・・・通過します(笑)003.gifここから一段と急峻な道となり、時には手を使い岩や枝に助けを借りて「アリガトウ」(いつも登山の時にお手伝いしてくれる木の幹や石にありがとねーと声を掛ける)足の腿上げも半端なく・・・「こんなに急でしたっけ?」やっぱり前回の大変なことは忘れている007.gif(じゃないと来れませんが…)
a0158702_9535869.jpg
10:20白糸の滝「すぐ、そこだよー」「あら、じゃ見に行くヮ」049.gif
a0158702_9541696.jpg
10:50五色の滝「すぐ、そこだよー」「待ってるから見てきて…」014.gif
a0158702_955413.jpg
「五色の滝」060.gif
a0158702_9552037.jpg
11:20森を抜けるとドンドコ沢の上流に出て正面に天を突く地蔵ヶ岳のシンボルである岩塔が見えます。ここまで来ると鳳凰小屋は近いです。
a0158702_9553571.jpg
11:40鳳凰小屋に着きました051.gif
a0158702_1002969.jpg
小屋の周りには「ヤナギラン」が咲き揃っていて華やかです056.gif「お腹が空きましたー」小屋の前の美味しい水を頂いて…急ぎのランチです063.gif
a0158702_955567.jpg
12:00「地蔵ヶ岳、あと1キロ…」これからが難関です。前回、「1時間位かな…」と小屋のおじさんに言われたけれどなんのなんの!1時間を超えたと思います。(キツイ!砂歩きだよね)025.gif
a0158702_9561451.jpg
再び樹林帯の急登を終え…042.gif
a0158702_956318.jpg
トレースに沿って白砂の急登です、オベリスクが見えていても遠い…白砂にズルッ、ズルッと足を取られなかなか前に進みません。こんな時は花でも見ながら…042.gif
a0158702_1005011.jpg
「タカネビランジ」
a0158702_1023399.jpg
「固有種ホウオウシャジンとタカネビランジ・タイツリオウギ」
a0158702_11372566.jpg
「タチコゴメグサ・トリカブト」
a0158702_9565360.jpg
立ち止まり振り返れば、観音岳(2841m)鳳凰三山の最高峰です004.gif
a0158702_957946.jpg
オベリスクに少しずつ近づいてきました042.gif
a0158702_1021134.jpg
この時点でKさんはすでにオベリスクに登り始めています066.gif
a0158702_9572885.jpg
しかし、巨岩の下で引き返してきました「時間が無いので次の宿題にする」と…そして残念ながらガスっていて、今日はこの花崗岩の向こうに甲斐駒の姿が見えませんでした007.gif
a0158702_11402315.jpg
058.gifガスらなければ甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳・北岳などが見えます(2008/7/5)撮影
a0158702_9581322.jpg
059.gif13:25下山にかかります。下りはあっという間に…鳳凰小屋には着きましたが、その後が長く、長く…008.gif急登だった登山道が下りの足に堪えていて…フラフラになってきたので、いっそう慎重になりビュンビュン下るという訳にはいかなかったけれど…042.gif
a0158702_9583321.jpg
なんとか明るいうちに059.gif
a0158702_9584960.jpg
17:40帰着できました038.gif

『…私たちは青木湯(鉱泉)からドンドコ沢を登った。手を使ってよじ登るようなこの急坂は、山に初見参の今君には少し残酷すぎるようであった。「初っぱなからひでえ所へ連れて行きやがった」と彼はその後よく述懐したものである。ドンドコとはどんな意味か知らないが、何となくこの急峻な沢の感じが出ている』(深田久弥・日本百名山より)帰りも(下り)もドンドコな道のりでありました。疲れました~・・・042.gif
a0158702_10422742.jpg
056.gif「タカネビランジとホウオウシャジン」が見れて・・・060.gifヤッホー!

【本日の行程】
青木鉱泉7:05→8:40南精進ヶ滝→9:25鳳凰の滝→10:20白糸の滝→10:50五色の滝11:20→鳳凰小屋11:40→休憩12:00→オベリスク下12:40→休憩13:25下山→鳳凰小屋14:00→青木鉱泉17:40帰着

※(2008/7/5)の鳳凰三山日帰り登山は(こちら)です☆
[PR]
by KY-yamayama | 2015-08-28 11:56 | 日本百名山 | Comments(0)


 「山男、山女の皆さん大にぎわいやったね、群馬からやて!」「帰りは温泉らしかよ、山の後は風呂!最高やね」12/1三ツ峠山・開運山


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(197)
(179)
(56)
(38)
(37)
(30)
(30)
(29)
(29)
(21)
(20)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新のコメント

遅い時間にコメントを頂き..
by KY-yamayama at 16:10
楽しく旅行記読ませてもら..
by miho-berlin at 03:46
こちらこそ、すっかりご無..
by KY-yamayama at 20:35
ご無沙汰してます お元..
by ruolin0401 at 18:41
こんにちは。 このお盆..
by KY-yamayama at 16:57
こんにちは 夏の山行は..
by ruolin0401 at 16:32
おはようございます、コメ..
by KY-yamayama at 06:29
今晩は 大月市選定の富..
by ruolin0401 at 21:31
こんにちは! コメント..
by KY-yamayama at 16:48
こんにちは お元気で山..
by ruolin0401 at 10:21

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧