冬富士・双子山(二ツ塚)から仰ぎ見る富士の頂

(2018//24)ヤッホー!富士山!

a0158702_07462371.jpg




101.png先週、石割山頂から富士山の裾(南側斜面)にポコポコと連なる富士山の子供のような二つの山を見ました↓(2/17石割山頂より)

a0158702_07465325.jpg


「かわいい山だねー」113.png「そだねー」102.png

a0158702_07472875.jpg


・・と話していたら近くにいた人が「双子山と言って登れますよ」と教えてくれたので「是非行ってみましょう!」

a0158702_07480861.jpg


裾野市・水ヶ塚公園駐車場から見上げる富士山とポコポコ双子山(二ツ塚とも言います)「こちらから見ると雪が少ないね」

a0158702_07483503.jpg


最初からアイゼンを履いて林道を須山御胎内方面へ向かいます。まだ今日は足跡がありません(誰も行っていない?)

a0158702_07485638.jpg


40分くらいは平坦な雪道です169.png

a0158702_08084282.jpg


あれあれ、いろんな動物の足跡がありますよー

a0158702_07493827.jpg


木々の上から富士山が顔を出します

a0158702_07500143.jpg


須山御胎内上からいよいよ上り(南山林道)が始まります。登山道は雪が固く締まっているのでアイゼンで大丈夫です

a0158702_07503174.jpg


緩やかに&息を切らしながら登った後、幕岩(1640m)へ大下りです

a0158702_07510211.jpg


幕岩は説明によると噴火で流れ出した溶岩やスコリア(火山噴出物)の積み重なりで一番上は1707年の宝永噴火のスコリアと書いてあります(ふむふむ)117.png

150.png「ええっ!?幕岩は経由地じゃないの?」大下りして幕岩の前に立ったもののここで行き止まりのよう(ガックし)142.png・・「キツイわー」汗をかきながら再び急登を上って元の案内板に戻ります165.png(幕岩が見られたのでヨシとしましょう)

a0158702_07530326.jpg


樹林帯を抜け広がりを感じてきます

a0158702_07532994.jpg


おおーー!富士山!が見えてきた!(この場所も富士山ですが・・)104.png

a0158702_07541743.jpg


木々が低くなり雄大な景色が広がり左に富士山(山頂も見えています)右が双子山(上塚)「こんな場所があるんだ・・」感動の景色です

a0158702_07544186.jpg


目の前の双子山へ向かい踏み跡を歩きましたがコースアウトしてしまったので・・149.png(この辺りは視界が悪い時は気をつけないと自分がどこにいるのか分からなくなりそうです)

a0158702_07551723.jpg


確認のため標識がある「四辻」まで戻り

a0158702_07555597.jpg


下塚へ向かいます

a0158702_07562094.jpg


これは下塚を登っているんですよー(写真は高低差がなかなかでないね)130.png「振り返って!」

a0158702_07580930.jpg


この後登る双子山上塚、その上に宝永山、その上に富士山頂の三山が重なっています(う~ん、素晴らしい!)見ているとこのまま富士山頂まで登って行けそうな気がしますが・・(ムリ、無理)135.png

a0158702_07590982.jpg


二ツ塚(下塚)(1804m)

a0158702_07593305.jpg


山頂には白い鳥居があります
156.png下塚を下り・・

さーて、上塚への上りは・・

a0158702_08040110.jpg

この斜度です・・
a0158702_08042625.jpg
141.pngキツイ、しんどい、苦しい・・2,3歩上がっては立ち休み(どんどん離れる相棒・笑)
a0158702_08053042.jpg
上塚から見下ろす下塚は中央部に窪みがあってミニ富士山のよう
a0158702_08060609.jpg
山中湖
a0158702_08064184.jpg
上塚三角点(1929m)から宝永山と富士山頂。「お腹がすきましたー」ちょうどお昼なのでランチの間に山頂に掛かっていた雲も取れました。「しかし・・誰も来ませんねー」時折、風が吹くと手に冷たさを感じてきたので・・
a0158702_08073742.jpg
「帰りマース」110.png
a0158702_08080294.jpg
ダイナミックな富士のすそ野の広がりは圧巻でした。積雪の富士の中にいることに感動し初めて見る美しい冬の富士の景色に魅了されました。次は今日のような気象条件の良い時に残雪を歩き「宝永山まで登ってみたいなぁ」と思いました110.png・・ヤッホー!

【本日の行程】

須山口8:50→須山御胎内上9:30→須山下り一合五勺10:00→幕岩10:10→四辻10:55→下塚山頂11:10→上塚山頂12:00(休憩)12:30下山→四辻12:55→須山口14:15着


[PR]
by KY-yamayama | 2018-02-28 09:39 | スノーシュー・冬山 | Comments(4)
Commented by ruolin0401 at 2018-02-28 22:45
お世話様です
興味深く拝見させて頂きました。
南麓の二つに名前があるとは知りませんでした。
水ヶ塚公園は今年2回写真を撮りに行っています。
18日も行きました。公園近くは雪が沢山ありましたが火口近くは雪が少なかったですね。
公園からは双子山は気がつきませんでしたが、見えますか?
Commented by KY-yamayama at 2018-03-01 16:05
こんにちは!
水ヶ塚公園に1週間前に行かれたんですね。
私たちは夏に富士宮口から富士登山のために通ったことはありますが
この時期に行ったのは初めてでした。今は国道も雪がないですが
積雪して凍ったりしたら車で上がっていくのは大変そうですね。

4枚目の写真、右側に二つ写るのが二ツ塚(双子山)で公園から見えます。
冬の富士登山は危険というイメージでしたがこんな麓ならハイキングの
感じで楽しめるなと思いました。今年はやはり雪が少ないですね。
Commented by ruolin0401 at 2018-03-05 21:06
富士への散歩道です
花火のコメントありがとうございます。
見えていた富士山が花火が始まる頃には見えなくなり、富士山と花火のコラボは私の技術では撮れませんでした。
合成したのを明日載せます。
目的を持って訪れてもその通りに撮れない事の方が多い富士山撮影です。
気長にやっていきますので今後もよろしく。
Commented by KY-yamayama at 2018-03-06 16:13
河口湖冬花火の美しい写真を見せて頂きました。
夜の花火があんなにきれいに撮れるとは・・びっくりしました。
気象条件により1枚と同じ写真がないからこその楽しみな撮影ですね。
日中は暖かくなってきましたが朝晩の冷えはまだまだでしょう。
お気をつけて撮影をお楽しみください。


 「山男、山女の皆さん大にぎわいやったね、群馬からやて!」「帰りは温泉らしかよ、山の後は風呂!最高やね」12/1三ツ峠山・開運山


by KY-yamayama

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
山梨百名山
日本百名山
日本二百名山
日本三百名山
スノーシュー・冬山
三ッ峠山
その他
花の百名山
未分類

タグ

(197)
(179)
(56)
(38)
(37)
(30)
(30)
(29)
(29)
(21)
(20)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新のコメント

遅い時間にコメントを頂き..
by KY-yamayama at 16:10
楽しく旅行記読ませてもら..
by miho-berlin at 03:46
こちらこそ、すっかりご無..
by KY-yamayama at 20:35
ご無沙汰してます お元..
by ruolin0401 at 18:41
こんにちは。 このお盆..
by KY-yamayama at 16:57
こんにちは 夏の山行は..
by ruolin0401 at 16:32
おはようございます、コメ..
by KY-yamayama at 06:29
今晩は 大月市選定の富..
by ruolin0401 at 21:31
こんにちは! コメント..
by KY-yamayama at 16:48
こんにちは お元気で山..
by ruolin0401 at 10:21

K&Yのおすすめ

著者はK&Yの(娘)婿殿です☆「2014年、秋に再び増刷されました。ベルリンへ行く方…新情報満載で必携・・・好評です!」
☆ベルリンガイドブック☆
『ベルリンガイドブック 「素顔のベルリン」増補改訂版(地球の歩き方GEMSTONE)』

『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド (地球の歩き方GEM STONE)』

*本書の増補改定版として「ベルリンガイドブック」が出版されたため、こちらは現在発売しておりません。

☆ドイツ語会話集☆
『街歩きのドイツ語 Stadtbummel auf Deutsch(三修社)』



☆ドイツ語習得☆
テレビでドイツ語(NHK)



検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧